180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

トレーニング前後の食事が筋発達をもたらす!?

「トレーニングをすれば筋肉が付く」
という間違った考えをお持ちの方はいないだろうか?

「ガリガリ 筋トレ」の画像検索結果

こんにちは
横浜・恵比寿ダイエットジム
180BodyDesignトレーナー堀内です。

今日は食事と筋肥大についてお話ししていきたいと思います。

 

「トレーニング前後の食事が筋発達をもたらす!?①』

 

「トレーニングをすれば筋肉が付く」
という間違った考えをお持ちの方はいないだろうか?

確かにトレーニングをすれば
筋発達のシグナルを送ることは可能である。
筋肥大のシグナル
トレーニングにより傷付けた繊維などを
いかに素早くリカバリーするかが筋発達のポイントになる。

 

 

トレーニング後には継続的に様々な反応が身体の中で行われている
例えばトレーニング後15分をピークとして成長ホルモンの分泌おこる。

 
続いて1時間後をピークに
早期転写因子の遺伝子発現(※別の機会に説明)
が起こり、タンパク合成をオンにするスイッチを入れます。

 

 

そしてトレーニング後3時間に
筋タンパク合成がピークを迎えます。

「タンパク質合成」の画像検索結果

 

 

 

では、筋トレだけやっていれば
筋肉は大きくなるのだろうか?

 

 

 

答えは・・・

 

 

否!!

スクリーンショット 2015-10-27 7.23.58

 

 

ハードにトレーニング出来るようになると

トレーニング量や持続時間も長くなります。

よって、タンパク分解ホルモン分泌
トレーニング中に既に始まっている
と考えられます。
つまり、『回復=発達』を最大限に考えた場合は
トレーニング後の食事』のみならず
『トレーニング前の食事』でトレーニング中に
起こるであろう筋分解さらには筋発達まで考慮しなければならない。
その食事は筋肉の元『タンパク』のみならず
『インスリン』を操作する為に『炭水化物』も必要になってくる。

砂糖と筋肉づくり促進の仕組み

 

つまり
低糖質ダイエットをしながら筋肥大は至難の技!!
という事が理論的にお分かりになったと思います。
次回は具体的な食事メニューを考案していきます。

乳酸菌マニアの堀内でした。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分

ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です