180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

ビタミンDの重要性についてまとめてみました

紫外線が気になる季節になりました。
 
「紫外線は身体に悪い」のはある意味では間違いないと思いますが、
徹底的にブロックし、太陽の光を浴びなさすぎるのも逆にもったいないと。

 

 

ビタミンDの重要性をまとめてみた

 
ビタミンD 2
 
 
 
紫外線を浴びることでつくられるビタミン

ビタミンDはヒトが自身の身体でつくることの出来るめずらしいビタミンです。
食品からももちろん摂れます。(天然の魚介類やしいたけに豊富)

ビタミンD
が、1日に必要なビタミンDの80%くらいは身体でつくって供給していまして、

 
太陽の光を浴びないと合成できません!
 
 
 
 
 
意外と多いビタミンDの役割

「骨粗しょう症にはカルシウムとビタミンD」
と、ビタミンDは骨を強くするビタミンという認識が多くの方にあるのではないでしょうか。

骨粗しょう症 ビタミンD
これもビタミンDの効能のひとつですが、それだけではありません!

 

・腸内の善玉菌を増やし免疫機能を高める、アレルギーの改善
・ホルモンバランスを整える
・大腸ガンのリスクを下げる
・血圧を下げる
・心疾患のリスクを下げる
・アルツハイマーや認知症のリスクを下げる
・うつ病や不安症のリスクを下げる

 

そして!
注目して欲しいのは、
ビタミンDが足りないと

うまく筋肉をつくれない
体重が思うように落ちない
 
ということ!!!!
 
 
 
 
 
筋トレにもダイエットにもビタミンD
 

・血中のビタミンDレベルが高い男性のほうが、テストステロンレベルが高く、性ホルモン結合グロブリン(テストステロンに結びつき、同化作用を妨げる働きを持つ)のレベルが低いことが認められた。

・血中のビタミンD量が少ない人のほうが、筋肉中の脂肪の量が多いことが認められた。脂肪は皮下にも筋肉中にも蓄えられる。

 引用:http://www.xfit.jp/index.php?option=com_content&task=view&id=1511&Itemid=86

 

 
ちょっと難しいのですが、ビタミンDはビタミンというよりもプロホルモン(ホルモンの前駆体)であるので、他のホルモンの働きを高めてくれます。

つまり、

ビタミンDは筋肉をつけたり、脂肪を燃焼するホルモンの働きを強めますよ。
 
 
 
ハードにトレーニングする人たちの中には、マルチビタミンのサプリメントにさらにプラスでビタミンDのサプリメントを摂ってる人も多い、のもなるほどですね(`・ω・´)

 
 

太陽の光が健康や筋肉に良いのはビタミンDをつくるだけでなく、一酸化窒素の働きも重要。

太陽を浴びることで血管内に放出される一酸化窒素は、
血圧を正常に保つ、血液の循環を整える
などの働きから心疾患のリスクを下げるとも言われています。
 

血管

 

血流を良くするというのは、筋トレの効果を大きくするためにも大事ですよね!

 
 
 
 
 

日焼けによるシミやそばかす、さらには皮膚がんが心配。

日焼け対策

 

なんて意見もあるかもしれませんが、ビタミンDや一酸化窒素が不足するほうが、健康や肌へのリスクが高いのではないかと思います。

 

 

極端に日焼けを避けずに、健康的に太陽に当たりましょう!

 

健康 日焼け

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分 ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesignに是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

http://diet-kakumei-jiten.com/wp-login.php

 

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です