180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

“リーキーガット症候群”の治し方

日本人の70%はそうではないかと言われる
”リーキーガット症候群”

あなたもそうかも?

 

 

180BodyDesign 管理栄養士の森です^^
聞いたことない方のほうが多いかもしれません。

リーキガット症候群

日本語にすると腸管壁浸漏症候群と言います。

 

健康な腸粘膜は頑丈なバリアに保護されていて菌や食べ物はすり抜けられないようになっているのですが、現代の悪い食習慣などなどにより腸が穴ぼこだらけに

リーガーキット

この穴ぼこから菌や消化のされていない食べ物が漏れて、アレルギー自己免疫疾患、女性に多い過敏性腸症候群などの原因になっている可能性があります!
この穴ぼこからは大切なビタミンやミネラルなんかも出て行ってしまうため、ダイエットにとっても非常に不利!!!
#リーキーガットが原因かもしれない症状はこちらに

 

 

 

リーキーガットの原因

●精製された炭水化物・砂糖の摂り過ぎ
豆類の摂り過ぎ
アルコール、カフェインの摂り過ぎ
トランス脂肪酸の摂り過ぎ
添加物(着色料、保存料、香料など)の摂り過ぎ
バクテリアの感染
有害金属(水銀・カドミニウム)の蓄積
解熱剤、ステロイド、抗生物質などの蓄積
ストレス
早食い

リーガーキットの原因

腸を傷めつける食品などなどがメインの原因です。

 

 

 

治し方

避ける物・減らす物
・パンや麺類などの小麦粉を多く使う精製炭水化物(特にグルテンが多いもの)
・砂糖が多く使われているお菓子など
・レクチンを多く含む豆類やナッツ、ナス科の野菜(ナス・トマト・ピーマンなど)
・アルコールやカフェインを多く含む飲料
・トランス脂肪酸(マーガリンやスナック菓子、外食の揚げ物など)
・添加物が多量に使われる加工食品
・有害金属(水銀・カドミニウム・セシウムなど)の多い缶詰食品や大きい魚の食べ過ぎ。野菜や海産物は産地にも気をつける必要があるかもです(>_<)
・解熱剤、ステロイド、抗生物質などの薬

 

 

積極的に摂るもの
・乳酸菌
(人によっては発酵食品や乳製品も良くないのでサプリが良いかも…)
・水溶性食物繊維
・良質な脂質
ココナッツオイル
亜麻仁油やエゴマ油
エキストラヴァージンオリーブオイル
青背の魚
アボカド

180bd

 

その他気をつけること
・有機野菜を多く使う
・よく噛む
・ストレスフリー!!!

 

 

”リーキーガット”という医学的な病名は未だなく、
特殊な検査でないとわからないようで、お医者さんにかかっても
「腸に問題があります!」とはならないようです。
リーキーガットの原因に心当たりがありまくる方やそれらしき症状がある方は、
原因を排除して、腸粘膜の修復なために必要な栄養を入れてあげて下さい。
1、2ヶ月くらいで効果が出たら、腸が弱っていたんだなと思ってもらって良いかと。

 

 

花粉症

糖質制限食にしてから花粉症がなくなった!という声をよく聞きます。
砂糖や小麦粉といった腸の炎症を起こす引き金的なものが減るからではないでしょうか?

 

花粉症の症状が深刻な方なんかは騙されたと思って是非(`・ω・´)
今ぐらいから食生活を改善すると、来年の花粉症の症状が抑えられるやも。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分 ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesignに是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

http://diet-kakumei-jiten.com/wp-login.php

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です