180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

水中ウォーキングの効果について

横浜駅徒歩5分のダイエットパーソナルジム 

トレーナーの岩井田です。

前回ご紹介しました水中のダイエット効果について(click)

の続編の水中ウォーキングの良い所をご紹介していきます。

 

スクリーンショット 2015-06-10 13.16.41

 

〜水中ウォーキングのメリット〜

①陸上より怪我のリスクが少ない

膝や腰への負担が少なく無理なく連続して運動が行えます。

水中では前後左右の動きでも均等に負荷がかかるので関節一箇所への

負担が軽減される。

②ランニングと同等の消費カロリーが得られる

【30分の消費カロリー比較】

モデル)30歳 男性 60kgの場合

ジョギング→約270kcal

自転車→約100kcal

階段登り→約200kcal

階段下り→約120kcal

水中ウォーキング→約170kcal

※環境や心拍数により異なりますのであくまでも参考程度にしてください。

③関節をより大きく動かせる

肩関節や股関節を重力から解放されるので陸上よりも

可動域が大きくなり動かしやすくなるので運動効果が高まる。

④上半身の負荷(強度)を自分で決められる

動く大きさや速さや向きで負荷(強度)を

自由に変える事が出来るので無理なく自分のペースで行える。

空気を違い水に身体を当たる面積が大きければ大きいほど

目の前の水が動くので、目の前の水を動かせば

動かすほど強度が高い運動になります。

【手の強度変換】

弱→指先

中→親指or小指

強→手の平or手の甲

【強度変換】

大股、ももあげ、重心前、速度をあげる

 

〜オススメ〜

・大股で重心前にして手を振りながら早歩き!!

・両ももあげジャンプ

結構しんどいですよ

 

トレーニングや筋肉をつけるというよりは

有酸素運動ストレッチ効果を期待してください。

 

陸上と同じでこれだけでは疲労が先行して長続きしないので、

トレーニングと平行して行えると怪我防止ストレッチ効果

マッサージ効果脂肪燃焼効果が高まります。

 

ダイエット・減量の基本はウエイトトレーニング

で筋肉に刺激を入れて基礎代謝を上げる事ですが、

ジョギングや水中運動を取り入れる事で効果が加速します。

スクリーンショット 2015-06-10 13.21.51

疲れている方、筋肉痛を早く取りたい方、

怪我もしくわ関節の動きが悪い方、身体が硬い方は

是非取り入れて頂きたいです!!

 

夏に向けてまだ間に合いますので全力でサポート致しますので

一緒に目標まで駆け抜けましょう!!

 

~カテゴリー~

身体のダイエット(click) 

 

◀️前の記事(クリック)    次の記事▶️(クリック)

 

HOMEへ戻る(クリック)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分

ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です