180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

添加物のハナシ①

「食品添加物は身体に悪い」

ことをわかっていても、

現代の食事では毎日食品添加物まみれの生活をしています。



みんな摂っているから大丈夫でしょ。
ちょっとだけなら大丈夫でしょ。

それで良いのでしょうか?

怖い添加物

食品添加物の危険性





まず、添加物ってそもそもなに

食品添加物は、食品を加工・製造するうえで、製造工程の短縮のためや、食品の保存性を高めるため見栄えをを良くするため、などの目的で使われているものです。

食品添加物

日本では、現在約1500種類も使用がokとされています!!!
平均、1日10g摂っているらしい、、
年間にすると約4kg!
結構な量の食品添加物を摂っていんですね(;´д`)





添加物の安全性は?

規定量内なら安全という意見も。
微量でも危険という意見も。

肝臓や腎臓などの臓器へのダメージ、免疫やホルモンなどのシステムへのダメージ、細胞の遺伝子に突然変異を起こさせたり(奇形)、ガンのリスクなどが指摘されています。



添加物ごとに使用量の基準値は定められていますが、これは動物実験の結果から決めたもので、人間での影響はしっかりとは確かめられていません。


さらに、この基準値は各添加物1つずつのもの。
ひとつの加工品に添加物は何種類もはいっています。

添加物

組み合わされて摂った場合どうなるか?はわかっていないし、
何十年、と摂り続けたらどうなるか?もわかっていないのです。





少しでも添加物を減らすために

ただ、実際は食品添加物を気にしていたら何も食べられない!くらい様々なものに入っていて、食品添加物0の生活はまず不可能でしょう。


まずは自覚すること。食べているものが添加物が含まれていること、リスクを知って、少しでも添加物が少ない選択をすることが大事です。

腐らない ランチパック

消費期限をだいぶすぎても腐らないと噂の、、、



加工食品にはほぼ100%添加物が入っています。
特に、原材料の原型をとどめていないもの(お菓子はもちろん、パンやソーセージなど)は添加物で固めたり、つなげたり、長持ちするようにされています。

原材料表示をみて、あまりにも添加物もりもりなものは避けていきたいですね。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分 ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesignに是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

http://diet-kakumei-jiten.com/wp-login.php

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です