180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

糖質について③ 質の良い糖質源って?

糖質について。の第3弾は、

質の良い糖質について!

 

こんにちは!
180BodyDesign 管理栄養士の森です^^

 

前回、前々回と、糖質制限のメリットデメリットをあげました。
適度な糖質制限は身体に良いことがたくさんあるけれど、
知識がないまま、やみくもにやると体調を崩したりしちゃいますよー、といった感じです。
 
 
糖質過多な食事…
筋肉や肝臓に蓄えきれず、使い切れなかった糖は体脂肪として貯蓄→太る

糖質過少な食事,,,
身体が筋肉を分解して糖をつくる=糖新生→筋量が減る→基礎代謝が減る→太る

糖質を少なくして体重はどんどん落ちるかもしれないのですが、
糖新生をしている場合は筋肉もがんがん落ちていることが…
基礎代謝も低下しますので、食事量を減らし続けない限り、リバウンドは目にみえているんですね(TT)

というわけで、体脂肪としての蓄えにならない程度の最低限の糖質が必要であると思います。

ただし、糖質もなんでも良いわけではなく…
パンやパスタ、菓子類などは
血糖値を急激に上げるし、腸内環境も荒らします(´・ω・`)
 

同じカロリーや同じ糖質量のものを食べるにしても、より自分の身体に優しい物を食べたい!
 
身体に優しい糖質源たちの一部をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください〜
 
 
イモ類
さつまいも、じゃがいも、里芋、長芋、大和芋、山芋、菊芋などイモ類
 
 
じゃがたまにんじん
にんじん、たまねぎ、れんこん、ごぼう、そらまめなどの糖質の多い野菜 
 
果物
ベリー類など、フルーツ全般 
 
穀類
白米、雑穀米、玄米、そば、オートミール、ブランなど穀類 
※白米は冷えたものだと血糖値が上がりにくい!
 
 
グリセミックインデックス(=GI値)は調理方法などで多少幅があるため絶対ではないのですが、
低いもののほうが血糖値の上昇が緩やかになるといわれています。
 

パン(1枚130kcal、GI値91)とさつまいも(1/3本130kcal、GI値55)
だったらさつまいものほうが優しい糖質ですよ!ってことで。
ドーナツ
コンビニのコレが、

 
 
 

いも
全部コレになったら良いのに。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分

ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です