180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

脳だけが嬉しい食事をやめるとダイエットはとっても楽に!

180BodyDesign 管理栄養士の森です^^

 

いよいよ夏はすぐそこ!身体の準備はばっちりですか?^^

 

本日はダイエットの強敵

食欲

のお話です。

 

ヒトは本来太らないように(痩せすぎないように)

自分で自分の食欲やら、代謝やらをコントロールできるはず。

 

でも、現代の生活環境とか食環境によって、

この仕組みが崩壊してしまっているので

 

・カロリーを抑えているのに太る

#お腹いっぱいなのに食欲がとまらない

 

みたいなことになって、太るわけです。

 

太る原因

①腸が炎症を起こしている

#腸内細菌に優しくするとダイエットが成功するかもしれない

 

②細胞が炎症を起こしている

#肥満を引き起こす ”細胞の炎症” とは?

 

③脳が炎症を起こしている

そもそも食べ過ぎの自覚があるけど美味しいものをやめられない。

食べても食べても満足感が出ない。

 

意志が弱いだけではないですよ!

 

あなたの食べているものが、

脳をコントロールして、

 

もっと食べたい欲求

をつくりだしています。

 

というわけで、

 

食欲との攻防第3弾!!!

脳だけがよろこぶ食品をやめよう!

 

脳だけがよろこぶ食品とは?

もともと狩猟採集の生活だったヒトは

常に食べ物にありつけるわけではなかったため、

より高カロリーのものを探すような脳になっています。

 

ただ、現代は飽食の時代。探さなくても高カロリーなものがあるわあるわ…

ジャンク

でも、

#お腹いっぱいなのに食欲がとまらない

でもお話したように、

ヒトは本来食べ過ぎないように、

自分で自分の食欲をコントロールします。

 

…狩猟採集時代に食べていたような

食材本来のものをそのまま食べる

生活をしていたのならば。

原 ごはん

 

現代の食生活では、昔は存在しなかった

加工品や精製された砂糖・穀物、人工甘味料などのつくられたものに

ヒトの脳は対処しきれていなくパニック状態に!!!

現代は脳だけがよろこぶ食品であふれていますヽ(´Д`;)ノ

 

おいしいもの(=脳だけがよろこぶ食品)を食べる

   ↓

脳が幸せを感じるように作用

   ↓

ドーパミン(快楽ホルモン)が出る

   ↓

もっと食べたい衝動がとまらないヽ(゚Д゚ )ノ

 

こんな感じに。

 

でも、実は身体にとっては良い栄養ではなく、

ただのカロリーでしかないものばかり

 

また、この脳だけがよろこぶ食品を食べ続けると、

脳の中毒レベルがどんどんあがります

ものによっては麻薬以上とも( ゚Д゚ノノ

 

まさに負のスパイラル!

 これが、多くのヒトが脳だけがよろこぶ食品をやめられない理由です。

 

脳だけがよろこぶ食品

加工食品

ジャンクフード(#トランス脂質

グルテン(小麦粉とか)

過剰な砂糖・人工甘味料

精製された食品

GMO(遺伝子組み換え作物)

MSG(グルタミン酸ナトリウム)

味の濃いもの

たんぱく質不足

 

などなどなどなどヽ(´Д`;)ノ

 

これらの

脳だけがよろこぶ刺激の強い食品

を頻度多く食べると、

 

脳内麻薬がどんどん出て、

さらに欲求が高まる

 

ということなんですね。

 

この負のスパイラルから抜け出すためには、

一度これらのものを出来る限り断って

中毒症状から抜け出す必要があります。

麻薬並みの中毒性なので中途半端な我慢では、後に爆発。。。

これもリバウンドの原因のひとつ

 

正直最初はとーっても辛いかもしれませんが、

どこかでちゃんと頑張って断ち切らないと、

食欲という大敵に、一生、勝てない戦いを挑み続けるはめになるかも..(>_<)

 

◀️前の記事(クリック)    次の記事(クリック)

 

HOMEへ戻る(クリック)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅きた西口から徒歩5分

ダイエット 健康・減量・ボディメイクを

本格的な個室パーソナルトレーニングジムの

180BodyDesign(HPへはこちら)

に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です