180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

野菜は「飲む」でなくて噛んで食べたい

こんにちは、「コンテスト向け減量」を実施中の宮田トレーナーです。

あなたは「野菜」・・足りてますか?

野菜って、毎日上手に食べることが難しいですよね。

特に、焦ってダイエットをしようとしてカロリー制限すると、とかく野菜不足になりがちです。「カロリーが低いから沢山食べていますよ」と言っても、実は「ブロッコリーだけです」とか「キャベツだけはモリモリ食べてますが・・」とか、偏っていたりして。

いわゆる「緑黄色野菜」なんかは、毎日は食べられない・・・「いやいや、毎日『野菜ジュース』を飲んでいるから、私は大丈夫です!」・・・・と言われる方も多いですね。

でも、『野菜ジュース』だけで、カラダが欲しているものは充足するのでしょうか?

食品添加物や食品の裏側事情についての著書で有名な「安部司氏」は、以前「野菜ジュース、特に『濃縮還元タイプ』のものは、栄養素がほとんどない」と指摘して消費者に警鐘を鳴らしました。

彼が指摘する『製法』は・・・まず「野菜」の仕入れは、メーカーは値段が安ければ世界中どこからでも(15カ国ほどにもなる)集め、中には中国産もあるということです。野菜が何種類も入っていると、どの野菜が何処産なのか飲む側にとっては分からずにカラダに入れているということ。中国産で問題視されている「残留農薬のリスク」も気になります。

また、野菜の輸入運賃を安くするために、野菜を加熱して6分の1体積のドロドロの「濃縮ペースト」にして冷凍しています。これを輸入してから水を加えて戻したものを「濃縮還元」と呼びますが、国内で戻せば「国内製造品」と表示して良いというわけです???

野菜ジュースのパッケージに「濃縮還元」「国内製造品」を書いてあったら、われわれとしては「栄養がしっかり入っているし、安心・安全だな♪」と思うところなんですが・・

また、安部氏は「この方法だと、ほとんどの栄養素と食物繊維は失われてしまうし、メーカーによっては香料やビタミンC、ミネラルなどの食品添加物を入れて補っている」とも指摘しました。

これらについて、「伊藤園」「カゴメ」は、しっかりと回答もしています(東洋経済オンライン記事参照)し、各メーカーも製造過程を修正していっているのだろうと、少しは安堵して良いかもしれませんが・・

われわれが再確認すべきは「野菜ジュースだけで、野菜を摂ったと思ってはいけないこと」です。

サプリメントだって、あくまでも食事を補うものであって、サプリメントの摂取だけでは健やかなカラダは作れませんから、野菜ジュースも同じです。

それに野菜ジュースを飲み干しても、満足感は得られませんよねやっぱり、野菜は「歯ごたえ」が楽しいものです。

「シャキシャキ」「パリパリ」「バリバリ」と!

それと、野菜本来の香りを嗅ぎ、みずみずしい色を目で楽しみながら食べることも大切です。

ゆっくりと時間をかけて「そしゃく」することで、ダイエット生活にもゆとりが生まれます。

そして、何色もの色を食べることを心掛けて下さい。そのためには、外食ではサラダバーがあるところをリストアップしておくことです。

ドレッシング・・・外食時は多少だったら楽しんじゃっても良いと個人的には思うのですが、最近ではサラダバーでもワインビネガーや天然塩を置いてあったりします。それと、美味しい「myハーブ塩」を常にバッグの中に持っていると便利ですよ。

野菜は「飲む」より「そしゃく」して食べましょう。

以上
180BodyDesignトレーナー
宮田智矢でした!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
弊社は無料カウンセリングを承っております。
目標設定や食事調整について丁寧に説明して、一緒に考えます。
お気軽にご連絡又は直接店舗へお越し下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分 180bd横浜店
恵比寿駅から徒歩7分 180bd恵比寿店
ダイエット・健康・減量・ボディメイクで
本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です