180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

カット野菜ってどうなの?

健康な身体づくりにも、
格好良い身体づくりにも、

「野菜を摂りましょう」
というのは共通して言えることですね。
 
 
その野菜の質ですが、
 
「カット野菜でも大丈夫なの?」
 
と思っている人も多いのではないでしょうか?
 

カット野菜 安全性
 
 
 
 
カット野菜ってどうなの?
 

コンビニで手軽に野菜が摂れる「カット野菜」

便利な反面、不安な点もありますね。
 
 
栄養がほとんど残ってないのでは?
消毒に使う薬品に発ガン性?
 
 
これが本当なら、ただのかさ増しのために余計な薬品を食べているようなもの((((;゚Д゚))))
 
 
 
 
栄養はどれくらい減る?
 
 
セブン サラダ
こんな感じのコンビニ野菜たちは、

切る→薬品消毒→洗浄

のような工程を経ています。
 

野菜は切り口から傷みはじめますので、カット野菜では空気に触れる面が多くなり、鮮度が落ちやすい

というのは間違いなくマイナスポイントですね><
 

さらに、洗う工程で水溶性のビタミンが流れてなくなってしまっているのではないか、というのが心配なところ。

しかし!
コレに関しては過去に調査結果があるようです。

ビタミンB群:約50%減少
ビタミンC:約30%減少
 

この数字を多いとみるか少ないと見るかはひとそれぞれかと思いますが、

例えばほうれん草を3分茹でると…

ほうれん草 ゆでる
ビタミンB群:約30%減少
ビタミンC:約50%減少

 
 
 
生の野菜も冷蔵庫に何日も入れて置いちゃうと栄養がどんどん減っていくので、
カット野菜は極端に栄養価が低くなるわけでもなさそうです。

もちろん採れたて新鮮の野菜とは比べ物にならない差があるでしょうが、

少なくても、「栄養がほとんど残ってない」ことはない!
 
 
 
 
消毒に使われている薬品は安全?

次亜塩素酸ナトリウム、電解次亜水

などの薬品で殺菌消毒されています。

カット野菜 消毒
 

この次亜塩素酸ナトリウムというやつが発ガン性を疑われているクロロホルムを作り出すため、カット野菜はちょっとどうなの?
と思うところもありますが…
 
 
洗浄の工程で流され、薬品自体はほとんど残らないそうです\(^o^)/

まあ、このせいで水溶性の栄養素が流れでてしまっているのですが。
 
 
 
 
まとめ

というわけで、
生の野菜を自分で調理するのが一番ですが、
なにしろカット野菜はお手軽で便利

 

時間がないから、と
昼食

昼食 だめ
 
 
こんなごはんになるよりは、カット野菜を使ったほうがバランスが良いかと思いますので、忙しい方は是非取り入れてみては?^^

 
 
 
 
野菜
でも、生の野菜のほうが間違いなくおいしい

 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分 ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesignに是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

http://diet-kakumei-jiten.com/wp-login.php

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です