180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

人は何故、食べ物を口に入れるのか?ダイエット時の心得

みなさん、こんにちは。

代表の根岸です

今日の記事は
人は何故、食べ物を口に入れるのか?
と言う話題です。

表を見てわかるように食べると言う行為には
大まかに分けて2つ

A:欲求を満たす為
B:生命維持活動の為

があります。

更にそれを細分化すると

A①快楽
②ストレス

B③体を動かす為
④体を作る為

この4種類に分類されます。

当然①、②ばかりを優先している人は肥満体型
③、④を優先している人はボディラインが整っていると言えるでしょう。

では①~④をどのような人なのかでざっくり表現すると

①食べる事が好きな人・何の為に食べるのかを考えない人
(食事をする事の意味を考えずにコンビニでとりあえずオニギリやサンドイッチ、ファミレスでパスタや定食を注文する人もこの分類です)

②仕事や家事・人間関係のストレスで飲み食いしてしまう

③スポーツしている人

④モデル・スポーツマン・ボディビルダーetc

さて、自分の体型を見ればどの①~④のどの分類かは一目瞭然です。

上記A:Bの比率が貴方の体型を現す事になります。

痩せたい痩せたいと常日頃から言っていながら、この表でAの比率が多い人はもちろん痩せません。

また「今、目の前にある食べ物は何の為に食べるのか?」を自覚していなければ痩せる事は不可能ですし、巷の食べないダイエットをしてリバウンドしてしまうのです。

私のジムではこの事を徹底的に叩き込みます。
これを教えないで痩せさせても必ずリバウンドするのはお分かりですね。
NEGISHIメソッドはこう言う心理的な事から貴方を修正していく。
ただ痩せさせるだけじゃないって言うのはこう言う事です

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です