180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

良い立ち姿勢を意識しましょう!!

横浜駅徒歩5分のダイエットパーソナルジム 

トレーナーの岩井田です。

日常生活で気を付けて頂きたい【姿勢】

についてです。

良い身体を持っている人の最大の特徴は

【姿勢】です。

スクリーンショット 2015-06-12 17.44.22

良い身体を持っている人で【姿勢】が悪い人はいません。

むしろ良い姿勢を取らないと良い身体に繋がって

きません。

 

 

【姿勢】が悪いと大抵の場合は体の反りが強くなり、

腹筋が弱くなりお腹が前に突き出てきます。

これは代表的な悪い姿勢(猫背姿勢、腰つき出し姿勢、胸つき出し姿勢)

お腹が前に突き出ると、それに引っ張られる形で、下半身は前に傾きます。

ダイエットのビフォーアフター写真で良くみかけますね。

スクリーンショット 2015-06-12 17.46.55

 

体が前方に倒れないように下半身の筋肉(特にふとももとふくらはぎ)

が緊張して筋肉内部の血管を締め付ける事になり、血液循環機能が

低下します。

 

そのため痩せにくく、太りやすい姿勢(体型)になってしまいます。

スクリーンショット 2015-06-12 17.54.14

 

お腹周りに脂肪がついたり、肩こり、腰痛、膝痛、

などの怪我の原因にもなります。

 

どんなに食事を気をつけても、

どんなに素晴らしいトレーニングをしても、

どんなに素晴らしいマッサージを受けても

 

良くなりません。

 

逆に良い姿勢さえ気をつければ

怪我防止や疲れにくく痩せやすい身体になり、日常生活が

楽になります!!簡単かつ一番大事な部分です。

スクリーンショット 2015-06-12 17.57.33

 

まずはご自分の身体を見てみましょう。

壁によりかかってみてください。

スクリーンショット 2015-06-12 17.07.28

左側の図のように壁によりかかった時に

後頭部、肩甲骨、お尻、カカト

がつくかを確認してください。

この時手は身体の真横にそえます。

 

この姿勢に違和感がある方は要注意です。

スクリーンショット 2015-06-12 17.59.31

 

この姿勢を常に保持出来れば腹筋と背筋の

バランスが良くなり血流と酸素の流れが良くなるので

怪我防止や腹筋と背筋に刺激が入りウエスト周りが

引き締まって行きます。

スクリーンショット 2015-06-12 18.01.14

 

怪我持ち(肩こり、腰痛、膝痛)や疲れやすかったり、

ウエストを引き締めたい方は是非この姿勢を意識してください。

1回30秒で良いので起床時と就寝前にやってみてください。

 

~カテゴリー~

身体のダイエット(click) 

ポッコリお腹(click)

 

◀️前の記事(クリック)    次の記事▶️(クリック)

 

HOMEへ戻る(クリック)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分

ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です