180BodyDesign 『ダイエット革命辞典』

週刊新潮vsR◯ZAP問題について

ライザップ 週刊新潮

週刊新潮の記事でライザップの実態について

①トレーナーの実態
②人件費と広告費の比率
③未熟な食事指導
④宗教的自己啓発セミナー
⑤トレーナー窃盗事件
⑥レッスン中の事故の多発

これらの内容で記事が掲載された問題について
元R◯ZAPトレーナーであり
現パーソナルジム経営者である

私の意見を述べてみたいと思います。

 

私がライザップ時代に感じた事は

トレーナーが子供
指導の質が低い

って素直に思いました。

フリーターやポン引き、専門学校卒業したばかりの20歳の子等々

社会を知らない未熟な人が多かったと記憶にあります

窃盗事件があったのも理由が解る気がします

 

結局何が問題なのか?

ズバリ言います

 

低賃金である事

未熟な人間を採用している事

急拡大している事

 

ではそれぞれ何でかを説明すると

①低賃金である事

→時給900円でスキルのあるトレーナーが来る訳がありません

②未熟な人間を採用している事

→低賃金ゆえに集まる人間は未経験者

③急拡大している事

→人材が間に合わず採用の敷居が更に下がる

 

 

 

では

未熟な人間をトレーナーにすると何が悪いか

 

食事指導&トレーニング指導の質が悪い

結局リバウンドする

 

ってなるのは解りますよね?

最近のパーソナルジムは

未経験者を雇い過ぎです。

 

 

1ヶ月間の研修ごときでなれる仕事ではないんです。

そんな未熟なトレーナーの食事指導なんて酷いものです

とにかく食べさせないだけなんですから・・・

 

 

新潮の記事の反論をラ◯ザップは即日やりましたね

▽中吊り広告や記事に「売上げの20%が広告宣伝費で人件費はたった7%」と書かれたが、実際には人件費は22%で、事実と異なる。

→お客様から37万円(最低でも)、トレーナーは時給900円の時点で明白でしょう

 

 ▽記事に「朝6時に出勤し、閉店まで17時間ぶっ通しで働くこともザラにある」などと書かれているが、直近3カ月の勤務を確認し、こうした事例はなかった。 

→今は知りませんが私の頃はお客さんを山ほど担当させられ、毎日ジムに寝泊まりするほど忙しかった

 

▽記事中に「R◯ZAPは短い研修で大勢の未経験者をトレーナーにしてしまっており、危険です。以前は研修期間は2週間」と書かれたが、厳しい基準に基づき採用し、1カ月間120時間以上に及ぶ研修もしている。

→パーソナルトレーナーってその程度の研修でなれるはずないでしょ・・・

 

 

ゴルフを学ぶときにはレッスンプロに習うでしょ?

大学に行くための予備校は受験のプロに習うでしょ?

御社の会社のコンサルは経営指導のプロでしょ?

 

なんでダイエットだけ1ヶ月間の研修を受けただけの

未熟なトレーナーに習うんですか?

 

1ヶ月の研修を受ければダイエットのプロなんですか?

 

って事が問題なんですね。

 

 

以上

心と体の両方からサポートする

人生改革トレーナー

180BodyDesign代表 根岸でした

 

 

〜カテゴリー〜

お客様の声と事例(クリック)

 

◀️前の記事(クリック)        次の記事▶️(クリック)

 

 

HOMEへ戻る(クリック)

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

横浜駅から徒歩5分

ダイエット・健康・減量・ボディメイクで

本格的な個室パーソナルトレーニングを受けるなら

180BodyDesign(クリック)に是非お越しください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です